音楽のファイル形式

音楽のファイル形式

iPhone卒業を機に、iTunesから別の音楽プレイヤーへの乗り換えを検討しています。今の候補はJRiver Media Centerというもので、$49.98と有料ではありますが使えるファイル形式など豊富で人気があります。

音楽プレイヤーを探すときにポイントとなるのが上に挙げた“扱えるファイル形式”。これまではmp3で満足していましたが、酔った勢いで¥46,000のイヤホンUltimate Ears UE 900sを2個買ってしまった自分は音質にこだわりたいところ。ただ、未だにMP3とWAVとを聞き分けられません(笑)
eear

さてどんなファイル形式で管理しようか。よく使われるファイル形式は以下のようなものがありますね。

■WAV
非圧縮のため音質的には最も優れていますが、ファイルサイズがとても大きい。数千曲を管理する自分には向いていないですね。

■MP3
WAVファイルとの違いに気づかないほどにすぐれた音質を維持しており、圧縮率も高い。が、非可逆圧縮。上述した通り、音質的にはMP3でも十分満足していますが男として満足できません。

■AAC
MP3の改良版で、ファイルの容量は若干MP3より大きく音質は若干向上している。最近よく扱われていますね。iTunesストアでDLするとこのファイル形式です。ただ、これも非可逆圧縮。

どうも非可逆圧縮は勿体無い気がして嫌なんですよね。そこで登場可逆圧縮。いくつかの音楽用可逆圧縮ファイル形式があるようですが、FLACファイルが最も普及しているようです。FLACファイルはWAVファイルに戻したいと思えば、1ビットの狂いもなくきっちりと元のWAVEファイルに戻すことができます。そんなFLACファイルですが、残念ながらiTunesやWMPといったメジャーな音楽プレイヤーでは再生できません。FLACをそのまま再生できるソフトの1つが上述したJRiver Media Centerなわけです。

結論としては、CDインポートファイルはFLAC形式、ダウンロードストアから購入したものはAAC形式で管理することになりそうです。自分は電車内など結構な頻度で音楽DLしちゃいますからね、ダウンロードストアの提供ファイル形式がAACならAACで管理するほかなさそうです。