サイト運営にあたり著作権関係についての調査

サイト運営にあたって著作権の在り方を理解しておく必要がある。例えば理工学系やソフトウェア系の記事を書くことが多くなると思うけど、それぞれ書籍から式を引用したかったり、WEBからソースコードを引用したかったりする。ここが曖昧だと記事全体を書き直す必要があったり、そもそも記事が成立しなかったりする場合がある。拠り所になるのは文化庁の著作権のページ。「著作権制度に関する情報」というページにある程度まとまっているが記載の範囲が広く分かりにくい。皆が気にするようなことは著作権Q&A ~著作権なるほど質問箱~に大体まとめられているのでここを見ておけば良さそう。また砕いた説明だと正しい「引用」のルールと著作権についてが分かりやすかった。

はじめに

著作権法(第32条) 引用には以下の記載がある。基本的に公開された著作物は「引用」して利用することができる。この規定に該当する利用であれば、仮に「禁転載」等の表示があったとしても、著作権侵害にはならない。“規定”の考え方は色んなサイトで議論されているが、転載・まとめサイトなど極端なものでない限り意識する必要はなさそう。

 [1]公正な慣行に合致すること,引用の目的上,正当な範囲内で行われることを条件とし,自分の著作物に他人の著作物を引用して利用することができる。同様の目的であれば,翻訳もできる。(注5)[2]国等が行政のPRのために発行した資料等は,説明の材料として新聞,雑誌等に転載することができる。ただし,転載を禁ずる旨の表示がされている場合はこの例外規定は適用されない。

(注5)引用における注意事項
他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
(参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

文化庁, 著作物が自由に使える場合より

画像の引用

文章の引用と同様、公開された著作物ならば引用可能。但し以下の点に注意する。

画像における引用と転載の線引き

画像と言っても “撮影した写真” や “イラスト” は著作者への確認が必要とのこと(著作権侵害をしない!ブログでの正しい引用と転載の方法&画像の利用方法より)。サイトのキャプチャは転載ではなく引用にあたるらしい(サイトのキャプチャ(スクリーンショット)を使うのは著作権上OKなのかをざっくりとより)。本サイトでは設計式などはキャプチャしたものを載せたいため安心。

リンク設定(src, alt属性)

画像は直リンク(src=にオリジナルの画像パスを設定)ではなく、自身のメディアサーバーにアップロードしたものを掲載する。またalt属性は通常の画像と同じく画像の説明文で良いらしい(画像引用時の出典の書き方!直リンクは何でダメ?ブログのマナーの話より)。出典にはこれまでと同じように引用元へのリンクを貼っておく。

画像の改変

画像の改変は基本的に禁止だが、合理的な理由での縮小は認められているらしい(著作権法20条2項4号)。ただ一部拡大・トリミング、モザイクなどの改変は不可で、文字は欄外にキャプションとして記載しなければならない点に注意(アニメブログの画像引用で違法と言われない著作権法のポイントより)。

本からの引用

本からの引用もWEBからの引用も扱いに違いはない。著作物から引用する際のルールを守れば良い。ただし現著作物を読まなくても主要な部分を認識させる要約は駄目らしいので注意する(著作権法上、本の引用・要約・目次をブログに書く時気をつけること。より)。

引用の書き方

ブログでの引用のお作法と使い方に色んなスタイルがまとめられていた。また画像もblockquoteタグで囲むこと(ブログ記事で著作権のある画像や写真の正しい引用の書き方より)。

ついでにリンクについて

最近では流石に見なくなったけど、一昔前は無断リンク禁止など書いてあるサイトが多かった気がする。そこでリンクするのに許可が必要なのか調べたところ、リンクを張るのに許可は必要か?にまさに自分が知りたいことが書いてあった。結論から言うと、リンクを張るのにサイトオーナーの許可は必要ない。上記サイトに記載のあったWWWの発明者であり、現在W3Cのディレクターであるティム・バーナーズ=リーの主張が秀逸で、

「リンクは著作権を侵害する」
「リンクには対価を求めることができる」
「リンクはプライバシーの侵害になる」

これらの3つの意見は誤解であり、以下に挙げる原理に基づかなければ、「ハイパーテキスト」の世界は成り立たない。その原理とは、

「ほかのサイトにリンクを貼る前に許可を求めなければならない理由はない」
「言論の自由がなくならない限り、『参照されない権利』は認められない」
「公開された文書にリンクを張ることは、プライバシーの侵害ではない」

-訪問者に優しいWebサイト作り, リンクを張るのに許可は必要か?より-

とのこと。これが本来あるべき姿だが、他人のサイトにリンクを貼って違法となる場合があるのか!?によると、リンク先のサイト制作者の名誉が棄損されたり、信用が害されたりするようなリンクの貼り方をすると違法となるらしいので良識的な範囲でリンク管理する。