FPGA開発環境の構築

FPGA開発環境の構築

DE0を扱うにあたって必要となる “開発環境の構築” について記載します。 CycloneIIIに必要なツールについて ALTERA製FPGAの開発に必要となる代表的なツールは以下3点になります。 Quartus : 統…

FPGAの学習計画とボードの購入計画

4bit CPU製作が完了したので、ついにFPGAに手を出してみたいと思っています。きっかけはいくつかあるのですが、一番はハード素人が32bit CPUをFPGAで自作して動かすまで読んだ本のまとめを見て意欲がかきたてら…

BSch3V備忘録

BSch3V備忘録

BSch3Vに関する備忘録を記載します。 Tips ESCキー押せば選択状態がカーソルに戻る。 部品番号は空欄にするのではなく「非表示」にチェックする。 右クリック長押しで手になる。   ライブラリ配布サイト …

LTSpice備忘録

LTSpice備忘録

LTSpiceに関する備忘録を記載します。 部品追加関連 コンデンサ・抵抗等 シミュレーションするため、以下のディレクトリにあるstandardファイルを書き換えようとしたらコンデンサのファイルはバイナリファイルだった。…

MY 1st CPU

MY 1st CPU

コツコツとデバッグを進めていまして、ついに完成しました。各基板の組み方は当初の想定よりもだいぶ変わってしまいましたが、3段構造が格好良くて気に入っています。もう触れることもないと思うので、コンパクトにまとまっていて物置き…

電源部分の実装

電源部分の実装

一応、完了しました……(笑) トグルスイッチでAC電源を基板内に供給するか否かを切り替えられます。供給されていない場合は赤色のLED、供給されている場合は緑色のLEDが点灯します。 自宅で半田付けって場所が困りますね。私…

CPUの設計

CPUの設計

ワイルドスピード・スカイミッションを見ながらゴリゴリとレイアウト設計……していたら以下の通り完成。構成要素別に記事にするつもりでしたが、手が止まらずに最後まで引いてしまいました。まず紙にざーっと描いてからPasSで引くと…

CPU構成要素の再確認

CPU構成要素の再確認

いよいよ第二ステージ。早く実装したいという“はやる気持ち”を抑えて今日もレイアウト設計。土日でガッツリ設計して、来週から実装したいですね。 さて、TD4はその名の通り4bit CPUなので演算とデータ移動は4bit単位。…

ROMの設計

ROMの設計

いやーキツイ。ROMの設計は本当に時間が掛かりました。やっていることは単純なのですが、何より配線が多過ぎます。wROM部分はマイコン等にエミュレーションさせる、という人が多いのも頷けますね。ただ、作ってみたかった!そして…

リセット/クロック部分の設計

リセット/クロック部分の設計

リセット部分は、手動スイッチ付きパワーオンリセット回路です。単純に5Vプルアップした信号をシュミット・インバータ×2に通して/RESET信号を得ます。ここはリセットスイッチが設けてあるためRCフィルタでチャタリング防止す…